筋トレをする人にとって喫煙はNG?たばこが筋トレにもたらす影響を解説

栄養・食事

筋トレにタバコが影響あるのか知りたい人『筋トレをしても、中々筋肉が大きくならないんだよな。たばこを吸ってるからなのかな?喫煙って筋トレに影響あるの?』

こんな疑問にお答えします。

筋トレをしている人の中にも喫煙をしている人は多くいますよね。筋トレへの影響を考えて禁煙を考えている方も少なくないはず。

実は喫煙は、筋トレにとって良くない影響を与えてしまうんです。

そこで本記事では『喫煙が筋トレにもたらす影響』について解説していきます。

※ニコチン・タールが入っていない人気No.1の電子タバコ↓

ノンニコチン・ノンタールでフルーティーな香りを楽しめる【SHERRY】

喫煙が筋トレにもたらす影響

喫煙が筋トレにもたらす影響は、以下の4つの影響があります。

それぞれ詳しく見ていきます。

筋トレで息が上がりやすくなる

たばこを吸うと心肺機能が低下して、息が上がりやすくなると言われていますが、これはタバコの中の一酸化炭素がヘモグロビンと結合して酸素を運び込むことが出来なくなるからです。

これによって筋トレをしても酸素が不足して、筋肉を疲れさせる前に息切れでトレーニングが最後までできなくなってしまいます。

筋肉の回復力が落ちる

タバコは目に見えるスポーツの能力だけでなく、傷を修復する回復力も低下させてしまいます。

筋肉は筋繊維が傷つき、それが回復することで大きくなっていくものです。たばこを吸っていると超回復の速度が遅くなり、タバコを吸わない人よりもトレーニング効果が出にくくなる可能性があるでしょう。

筋力や瞬発力が落ちる

タバコに含まれているニコチンは、覚醒剤などの依存性薬物と同様にドーパミンを出して脳や神経を興奮させる作用があります。

そして、タバコを吸うことが習慣化してしまうと、ニコチンが無いとドーパミンが出にくく興奮しにくくなってしまいます。

筋トレやスポーツ時にドーパミンは非常に大切な物質で、ドーパミンが出ている時と出ていない時では筋力や瞬発力に差が出てしまいます。

例えば、プロ野球のピッチャーなども練習やブルペンではいつもりより球速が出ません。試合でドーパミンが出た状態で力を発揮して150キロや160キロの球が投げられるのです。

長期間たばこを吸い続けているとトレーニングが出来なくなるかも?

長期間たばこを吸い続けていると、COPD(慢性閉塞性肺疾患)という病気になってしまいます。これは、主に長期間の喫煙が原因とされる肺の病気です。

最初は咳や痰、息切れなどの症状ですが、次第に呼吸障害が進行し酸素吸入が必要となります。喫煙しないことと、禁煙者は少しでも早く禁煙して治療することが大事です。

COPDになってしまったら、筋トレはもちろん出来なくなってしまいます。そうならないためにも早めに対策が必要です。

たばこを吸っている人でも筋肉を大きくするためには

タバコは、筋トレにとって壊滅的に悪い影響が多く、禁煙出来るのであれば禁煙した方が良いです。

しかし、そんなに簡単に禁煙が出来たら誰も苦労しないですよね。そんな方は、ニコチン・タールが含まれていない電子タバコに変えることをおススメします。

電子タバコの中にはニコチンのみ含まれていてタールだけ含まれていないものも存在しますが、筋トレへの影響を考えるのなら必ずどちらも含まれていない電子タバコを選んでください。

※ポケットシーシャSHERRY(シェリー)はニコチンもタールもゼロで吸いごたえ抜群↓

ポケットシーシャ【SHERRY】

まとめ

いかがでしたか?

筋トレにとって、喫煙は壊滅的に悪い影響しかありません。

初心者で筋トレを始めたばかりという方は、あまり気にしなくても良いかもしれませんが、中級者~上級者の方や本気で大会を目指すというような方は、禁煙や電子タバコへの移行を考えてみてください。

そうしないと、せっかく頑張っている筋トレが台無しになってしまいかねません。

一度、喫煙について考えてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました