【2022年最新】コスパ最強のEAAおすすめランキング4選│厳選してご紹介します

EAA コスパ 栄養・食事

コスパが良いEAAを探している人『筋トレのためにEAAを買おうとしてるんだけど、結構高いんだね。その中でもコスパが良いEAAはどれなんだろう?』

こんな疑問にお答えします。

筋肉の分解を防いでくれたり、合成を促す非常に優れたEAAですが、結構良い値段がしますよね。筋トレをする人は取った方が良いとはわかっていても、高いので失敗はしたくないですよね。

そこで本記事では『コスパが良いEAAランキング』をご紹介していきます。

EAAの効果や選び方についても解説していますので、是非最後まで読んでみてください。

EAAとは体内で合成出来ない必須アミノ酸のこと

EAA イメージ

EAAとは、「Essential Amino Acids(=必須アミノ酸)」の略。

タンパク質を構成するアミノ酸は全20種類あり、体内で合成できる11種類の非必須アミノ酸(NEAA)と、体内で合成できず、食事やサプリメントなどから摂取する必要がある9種類の必須アミノ酸(EAA)の2つに分類されます。

つまり、EAAは体内で合成することが出来ないため、食事やサプリメントから摂取する必要があるのです。

EAAは筋トレの効果を上げる

EAAについてわかったところで、今度はEAAが筋トレにもたらす効果について詳しく見ていきます。筋トレする人にとって良いことだらけの効果なので是非知っておいてください。

筋肉の分解を抑える効果

筋トレの最中も、体は筋肉を分解しようとする作用が働いており、筋肉の合成が分解を上回らないと筋肉は大きくなりにくいのです。

しかし。EAAを摂取することで血中アミノ酸濃度を高められ、筋肉の合成が促進されるとともに、筋肉の分解を抑えられると言われています。

筋肉の合成を促す効果

EAAには、「筋肉の合成を促すシグナルの発信」を行うアミノ酸と、「筋肉の材料」であるアミノ酸の両方が含まれています。

そのため、EAAを摂取することで、トレーニングにより破壊されてしまった筋肉の組織に働きかけ、合成を促すことが可能です。これにより、強力な筋肉を作ることが期待できます。

疲労回復や筋肉の修復効果

ハードなトレーニングを行うと、タンパク質が分解され、同時に多くのアミノ酸が失われます。

しかしEAAを摂取することで、消費されたアミノ酸が摂取できるため、疲労感を最小限に抑えられると言われています。

また、トレーニングにより抱えたダメージを急速に回復させ、筋トレ後の筋肉痛も軽減してくれる効果も期待できます。

集中力を上げる効果

EAAに含まれるBCAA(分岐鎖アミノ酸)により、眠気のもととなるセロトニン量を抑制することで、高い集中力を維持することができると言われています。

EAAの選び方

EAAを選ぶ際にチェックするポイントをご紹介します。

タブレットタイプかパウダータイプか

EAAは他のサプリメント等と同じように、タブレットタイプとパウダータイプが存在します。

  • タブレットタイプ=飲み物に溶かして飲むため面倒だが安価
  • タブレットタイプ=水さえあればそのまま飲めるが高価

どちらを選んでも構いませんが、タブレットタイプは高価です。

成分を確認

当然ですが、同じ値段なら成分がより多く含まれている方がコスパが高いです。

付加価値をつけるために、9種類の必須アミノ酸(EAA)以外の成分も入れている製品がありますが、本来の目的である9種類のアミノ酸の含有量をチェックするようにしましょう。

コスパ最強のEAAおすすめランキング

それでは、ここからコスパ最強のEAAをランキング形式でご紹介していきます。

成分表や内容量などを比較して、よりコスパが良いEAAを厳選しましたので是非チェックしてみてください。

1位 RAYS(レイズ) 山澤礼明監修 EAA

人気フィットネスYouTuberの山澤礼明が監修したEAAで『コスパの良いEAAを作る』というコンセプトのもと開発されたEAAです。

そのコンセプトの通り、同じ価格帯のEAAと比べてもEAAの含有量が非常に高く、コスパの良い製品です。

成分表 1食あたり

成分含有量
ロイシン2400mg
イソロイシン1200mg
バリン1200mg
トレオニン 640mg
リジン1360mg
メチオニン 280mg
ヒスチジン 280mg
フェニルアラニン 560mg
トリプトファン 80mg

2位 マイプロテイン EAA

こちらも1位に劣らずコスパの良いEAAです。

マイプロテインのEAAは、セール時に購入すると50%オフになったり非常にお得に購入が可能ですが、海外輸入のため送料が高いことと、セール時以外は結構高めなことがネックで2位になりました。

セール時は、公式サイトから購入した方が断然お得に購入が出来ますので、セールがやっていないかチェックしましょう。

※マイプロテイン公式サイトはこちら↓

成分表 1食あたり

成分含有量
ロイシン3000mg
イソロイシン 750mg
バリン 750mg
トレオニン 730mg
リジン 920mg
メチオニン 220mg
ヒスチジン 200mg
フェニルアラニン 360mg
トリプトファン 230mg

ハルクファクター EAA

こちらのEAAは定期便で初回に限り50%オフで購入可能なため、初回はコスパ1位と言っても良い製品です。

しかし、ロイシンの量が他と比べると少し少ないと感じたので3位にしました。

成分表 1食あたり

成分含有量
ロイシン1812mg
イソロイシン 906mg
バリン 906mg
トレオニン 815mg
リジン1102mg
メチオニン 259mg
ヒスチジン 561mg
フェニルアラニン 815mg
トリプトファン 230mg

4位 GronG(グロング) EAA

成分表 1食あたり

成分含有量
ロイシン1911mg
イソロイシン 955mg
バリン 955mg
トレオニン 687mg
リジン1679mg
メチオニン 656mg
ヒスチジン 448mg
フェニルアラニン 815mg
トリプトファン 179mg

まとめ

いかがでしたか?

EAAは筋トレにとって必須とも言えるぐらいの効果があります。

しかし、プロテイン等に比べると金額が高いのがネックです。トレーニングの度に飲んでいると意外と馬鹿になりません。

少しでもコスパが良いEAAを選んで、筋トレの効果を上げましょう。

上記でご紹介したEAAはどれもコスパが高いものなので、是非参考にしてみてください。

※合わせて読みたい記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました